スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫色の主張

ギガンジウム

紫色の花がひときわ美しい6月となりました。

6月の紫の花といえば紫陽花や菖蒲が代表的でしょうか。
写真はまんまるの可愛い大きな頭でまっすぐに、すっと伸びているギガンジウム。
田んぼの緑を背景に、紫のその姿はとても存在感があります。

ギガンジウムの花言葉は「傷つく心」「正しい主張」
確かにその立ち姿は正しい主張そのものを感じさせます。
ただ、今の時代は正しい主張が通らず、主張すること自体が敬遠されがち。
正しいことを貫こうとすると傷つくことが多いのかなとも思います。

そんなことを改めて考えさせてくれたギガンジウム。
ここまで思い切りよく咲き誇る植物のほうが人間より潔いのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。