奈良の古寺と仏像展

仏像展

先日、長岡市内の県立近代美術館で開催中の「奈良の古寺と仏像展」を観に行ってきました。

国宝や重要文化財の仏像が一堂に鑑賞できるとあって、連日の混雑が報道されていました。
どうしても国宝の「菩薩半跏像」が観たくて、混雑覚悟での鑑賞です。

夕方遅くに出かけたせいか、思いのほかスムーズに鑑賞でき
「国宝・菩薩半跏像」の美しく、優しい姿には心が洗われる思いです。
飛鳥時代の木造なのに、ライトに照らし出される姿は神々しく古さを感じさせません。

それにしても国宝の展示となると警備員の多いことにびっくりし
観客の年齢も老若男女さまざまで、仏像人気を改めて感じさせられました。

時間のない中、駆け足での鑑賞でしたが、内容の濃い美術展に大満足です。