チェンバロの調べ


PC210007_convert_20131223231857.jpg

毎月恒例の朝日酒造でのSando Concert
今月はチェンバロ、オルガン、合唱で、バロック音楽の世界です。

チェンバロ自体はあまり大きな音は出ないのですが
その音色は、なんとも優雅な響きで
目をつぶれば、まるで16世紀の教会かお城の中にいるよう。

しばし、バッハの時代を堪能しました。

チェンバロの中はとても素敵な絵が描かれていて
当時の宮廷音楽の優雅を感じます。

師走の慌しさを忘れ、音楽に酔いしれたひと時でした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。