東京フィル演奏会



長岡市立劇場40周年を記念して、長岡だけの特別編成で
東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会が開かれました。

曲目は、チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23」と
ドヴォルザーク「交響曲第9番ホ短調作品95 新世界より」

指揮はチョン・ミョンフン、ピアノは上原彩子という豪華な顔ぶれです。

市立劇場もかなり古くなり、音響がいまひとつというのが少し気がかりでしたが
そんなことを感じさせない素晴らしい演奏会でした。

東京フィルのメンバー一人一人の丁寧で情感溢れる演奏が
素晴らしいハーモニーとなって、久しぶりに本物のオーケストラを
聴いたという満足感と感動で、心が満たされました。

アンコールのブラームス、ハンガリー舞曲も素晴らしかった。

また、長岡での演奏会を期待しています。